中国とインドへ同時ファンド? インド株ファンド・投資信託で資産倍増

中国とインドへ同時ファンド?

中国インドにいっぺんに投資ができるというファンドをご紹介します。

三井住友インド中国株オープンです。この名称の通り、中国インドに投資というファンドで、気になるBRICsの国の中でも2つの国に絞ったという商品はなかったのではないでしょうか。

中国インドの比率が同程度とされていますが、二つの国の株価上昇のメリットを同等に受けられるということですね。

このファンドの取扱証券会社は数社ありますが、手数料で若干差が出るようなので、確認が必要です。

もうひとつのファンドのご紹介ですが、JFグレート・アジア3・ファンドです。
こちらのアジア3というのは、インド中国と日本の三国への投資となります。このタイプも珍しいのではないでしょうか。

こちらは資産配分は、投資対象市場の見通しによって変わります。インド中国と日本は決して同じ動きはしないので、この方がいい運用が期待できると思います。

今、ファンドという形で中国インドに投資ができるということは、高成長経済の恩恵を受け、株価上昇のときにあって、いい時期だと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。