インドファンドは新生銀行で インド株ファンド・投資信託で資産倍増

インドファンドは新生銀行で

新生銀行の新生UTIインドファンドの設定は2006年12月27日で、信託期限は無期限となっています。

インド国内でも有数の運用会社であるUTIグループはこの新生銀行インドファンドの主な投資先に運用助言を行います。

株式市場は世界的な株価の動きに大きく左右されます。為替相場についても、なかなか予想の付けにくい展開になっています。
そんな中、新生銀行インドファンドは、資金流入が続き、上昇しています。

投資先ファンドの運用において、サービス、情報などの組入れを高めています。

インド企業の第1四半期の企業決算は総じて数字がよく、インド企業の成長は複数の業種にと相乗効果を生んでいると思われます。

新生銀行インドファンドのリターンも中長期的にみると、しっかりと獲得できると見ています。

まだ一年に満たない新生銀行の新生UTIインドファンドですから、今後に大いに期待のできるインドファンドの一つだと考えられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。