PCAインド株ファンド インド株ファンド・投資信託で資産倍増

PCAのインドファンドについて

PCAアセットマネジメントが設定をしているインド株ファンドは2種類あります。

PCAインド株式オープンとPCAインド・インフラ株式ファンドです。

2つのインドファンドの大きな違いは、インフラ関連株式に限って投資をするか、インド株式全体に投資するかの部分でしょう。

成長著しいインドファンドですけれど、その分野は多岐にわたっています。
有名なところでは、IT関連ですが、そればかりではありません。

また、インフラという面でみれば、まだまだ整備が不十分なので、これから伸びる分野です。そこへ集中的な投資をするインフラファンドの方は、わかりやすいといえばわかりやすいですね。

基準価格のほうは、インフラファンドの方が、インド株の約半分の価格になっていて、1万円程度です。

どちらのPCAインドファンドは順調な推移を見せています。

この2つのPCAインドファンド、どちらを選択するか、迷うところですね。

インド株式インフラファンドがPCAにはあります

インフラ整備が不十分なインドにとって、これからのインフラ事業はインドにとって、大きな課題です。

インフラに関連した企業の動向も気になりますが、インフラ関係のインド株ファンドPCAインド株式インフラファンドPCAにあります。

投資先がインフラ関連企業と限定されているインド株ファンドですし、これから成長に不可欠な名企業群ですから、期待の持てる分野といえます。

このインド株式ファンドの設定日は2006年11月8日、信託期間は10年間となっています。

6ヶ月時点の運用実績でも、他のPCAインド株ファンドと同様、いい数字が出ています。

インドのインフラ整備には日本からの援助もあり、日本企業のバックアップ体制もできている状態ですから、そのインフラに投資をするこのインド株式ファンドは期待が持てると思います。

このインド株ファンドには、PCAグループという世界でも指折りの金融グループがついていて、その点でも運用には安心感がもてます。

インド株ファンドPCAにも豊富にありますが、PCAインド株式インフラファンド、考えてみてはいかがですか?

PCAインド・インフラ株式ファンドとは?

インド株の投資信託の中でも、投資先がインフラ関連株式に限定をしている特長を持つのが「PCAインド・インフラ株式ファンド」です。

インド5大インフラ整備として、道路、電力、通信、運輸、石油ガスを上げています。
近年、これに野事業が順調に進んでおり、それらに投資をするPCAインド・インフラ株式ファンドの上昇も期待ができそうです。

インドGDPの伸びもIT・サービス業よりも高い水準で推移すると考えられ、注目される分野とも言えます。

PCAインド・インフラ株式ファンドの投資助言をするのは、ICICIブルーデンシャル・アセット・マネジメント(PCAグループのインド運用会社)です。

PCAグループは世界有数の金融グループです。いち早くアジアに着目し、設定されたPCAインド・インフラ株式ファンドです。

短期的にみると、投資信託特有の流動性などがみられますが、国内需要が企業業績を支えている状況にあるインドにおいて、中長期的な見通しには変更がないとの、PCAインド・インフラ株式ファンドの運用報告もあります。

ますますインド経済は高い成長が望めそうです。PCAインド・インフラ株式ファンドの今後の動きに注目です。

PCAインド株オープンについて

PCAアセットマネジメントのインド株ファンド、PCAインド株オープンのご紹介をします。

追加型株式投資信託でファンド・オブ・ファンズの形式をとります。

当ファンドは投資信託証券を主要投資対象とし、中長期的な信託財産の成長を図ることを目的とします。

投資対象として、外国投資法人Pruインディア・エクイティ・オープン」の米ドル建て投資証券および日本の証券投資信託「PCA国内債券ファンド(国債)追加型(適格機関投資家向け)」の受益証券とします。

各ファンドに対する投資比率は、 「Pruインディア・エクイティ・オープン」が90%程度、「PCA国内債券ファンド(国債)追加型(適格機関投資家向け)」が10%程度です。

PCAインド株オープンは、2004年9月にインド株式を主要投資対象とするファンドに投資するものでは、日本で初めての商品です。

PCAインド株オープンは、順調な伸びを見せています。

PCAインド株オープンの信託報酬は純資産総額に対して、年1.28835%ですが、このほかに当ファンドが投資対象とする投資信託証券に関しても信託報酬等がかかります。

順調な伸びを見せていても、リスクのことは避けられません。PCAインド株オープンも例外ではなく、世界情勢の変化や為替リスクのことをお忘れなく。

PCAインド株式オープンとは? 

PCAインド株式オープンは、数あるインド株ファンドの中でも注目されている商品です。

PCAインド株式オープンは、ファンド・オブ・ファンズ方式で運用しており、インド株に投資する部分では「Pruインディア・エクイティ・オープン」という外国籍のファンドを通じて資産全体の約95%を投資しています。また、流動性を考慮して、国内籍のファンドにも数%投資しています。

PCAインド株式オープンは、日本の国内投資信託として初めてインド株に投資するファンドということで、スタートしたのが2004年の9月でした。

インド株式市場の上昇と、継続的な資金流入により、着実に増加しています。

従って、PCAインド株式オープンは、短期的には価格変動が大きいファンドですので、中長期的な視点で投資を考え、インドの長期的な成長を享受していただきたいと思います。

PCAインド株式オープンの組入状況ですが、インド=ITというイメージのためか、IT関連の銘柄ばかりの投資という誤解が時々ありますが、さまざな異業種に分散投資が可能な市場です。

業種の分散は、一国だけのカントリーファンドでは必要なことです。

PCAインド株式オープンの為替変動についてですが、目安となるのがドル/円の関係です。ルピー/円の動きとドル/円の動きは似通った動きをしています。

PCAインド株オープンをみてみよう

PCAインド株式オープンをみてみましょう。

PCAインド株式オープンの特徴としては、約90%の資金がインド株式を主要投資対象として、モーリシャス籍外国投資法人のアメリカドル建てで運用され、10%は、PCA国内債券ファンドとして、日本の国債を中心に運用されます。

PCAインド株式オープンの最少投資額は10,000円からですが、手数料は含まれておりません。

実際の運用は、インドの現地法人のディリープ・マドガフカーが行っています。

PCAインド株式オープンの決算は、毎年9月30日です。
購入の基準額は、申し込み受付日の翌日の基準価格です。
手数料は各証券会社によって異なりますが、3.675%が上限になっております。
解約の価格は、解約申し込み受付日の翌日の基準価格になっております。

なお、2007年8月31日現在のPCAインド株式オープンの標準価格は20,243円、前日比304円+となっています。

PCAインド株式オープンはどんなファンド?

PCAインド株式オープンは、PCAアセットマネジメントが委託するインド株式ファンドです。

直接インド株に取引できない日本において、ファンドの存在は大きいです。
インドは経済発展を現在進行形で辿っており、チャートをみても右肩上がりです。
中国株が急上昇したように、インド株式にも期待がもてそうです。
そういった事情からも、ファンドという形でインド株投資できるのはうれしいことです。

PCAインド株式オープンの投資先はインドの証券取引所に上場する株式に投資をします。

PCAインド株式オープンはファンド・オブ・ファンズ形式で運用を行います。

インドの株式への投資にあたっては、PCAグループのモーリシャス籍投資法人を通じて行い、PCAグループのネットワークを最大限活用します。

PCAインド株式オープンは、原則として為替ヘッジを行わないため、為替変動の影響を直接的に受けます。

このことはPCAインド株式オープンに限らず、海外ファンドに関しては、為替リスクやカントリーリスクなどが伴います。

ファンド投資には、余裕資金で!

PCAインド株式オープンは水戸証券で!

水戸証券の説明で、投資信託とは、多くの投資家から資金を集め、ファンドマネージャーと呼ばれる運用担当者が、ある一定の範囲の投資対象に投資し、そこから得られる収益を投資家に分配する金融商品です。

水戸証券で扱っているインド株式投資信託は、PCAインド株式オープンです。

水戸証券のHPの中に水戸証券の投資情報というページがあり、マーケットスケジュールが確認できます。

インド株式投資信託は外貨建資産が含まれており、為替リスクがあります。

水戸証券の毎週更新のマーケットウィークリーなどプロの視点からの投資情報は毎日のインド株投資信託の動きにチェックに活用してください。

水戸証券の店舗は関東地方に限定されています。それ以外の地域にお住まいの方は、ネットトレードが便利です。

インド株投資信託、PCAインド株オープンは水戸証券でお買い求めください!

PCAインド株式オープンの用語をみてみよう

投資信託の商品紹介の中で、わかりずらいと思われる言葉を噛み砕きたいと思います。

PCAインド株式オープンを例にとって見てみましょう。

追加型株式投資信託とありますが、これは基本的にファンド設定後いつでも売買できますということです。単位型となると、当初の設定でしか売買できないということです。

ファンド・オブ・ファンズは、ファンドに投資する投資信託という意味です。

PCAインド株式オープンの主な投資対象は、PCAグループ外国投資法人の米ドル建て投資証券と日本のPCA国内債券ファンドの受益証券とします。

PCAインド株式オープンは、原則として為替ヘッジは行いません。この為替ヘッジは、為替変動により被るリスクを低減させることです。

投資信託は申込手数料のほかに、信託報酬がかかります。

これは、投資信託を保有している間一定割合が控除されるもので、PCAインド株式オープンは年率1.28835%かかります。

途中解約の手数料もかかります。信託財産留保金です。PCAインド株式オープンの場合は、基準価額に対しては0.3%となっています。

PCAインド株式はどんなの?

PCAインド株式について少し調べてみました。

運用会社であるPCAアセットでは、外国株式に投資を行うファンドを幾つか扱っていますが、「PCAインド株式 」は、その中のひとつで、主にインドの証券取引所に上場するインフラ関連株式に投資します。

PCAインド株式は、追加型株式投資信託(ファンド・オブ・ファンズ)で運用を行います。

インフラ関連株式とは、主にインドの証券取引所に上場する道路、鉄道、空港、港湾、電力、ダム等をさします。

PCAインド株式」のインド株式の運用については、PCAグループのインド運用会社であるプルーデンシャルICICIアセット・マネジメントが投資助言を行います。

ピーシーエー・アセット・マネジメントによると、インドは1991年の経済改革以降、GDPの50%超を占めるサービス業を中心に、平均約6%の経済成長を遂げていますが、インド政府が「インフラ整備」を国家事業の最重要課題として位置付けており、現在、発展途上にあるインフラの改善が進むことで、インドの経済成長が一段と加速することが期待されています。

以上が、PCAインド株式ファンドの特徴となります

PCAインド・インフラ株式ファンドとは?

PCAインド・インフラ株式ファンドについて少し調べてみました。

運用会社であるPCAアセットでは、外国株式に投資を行うファンドを幾つか扱っていますが、「PCAインド・インフラ株式ファンド 」は、その中のひとつで、主にインドの証券取引所に上場するインフラ関連株式に投資します。

またPCAインド・インフラ株式ファンドは、追加型株式投資信託(ファンド・オブ・ファンズ)で運用を行います。

インフラ関連株式とは、主にインドの証券取引所に上場する道路、鉄道、空港、港湾、電力、ダム等をさします。

PCAインド・インフラ株式ファンド」のインド株式の運用については、PCAグループのインド運用会社であるプルーデンシャルICICIアセット・マネジメントが投資助言を行います。

ピーシーエー・アセット・マネジメントによると、インドは1991年の経済改革以降、GDPの50%超を占めるサービス業を中心に、平均約6%の経済成長を遂げていますが、インド政府が「インフラ整備」を国家事業の最重要課題として位置付けており、現在、発展途上にあるインフラの改善が進むことで、インドの経済成長が一段と加速することが期待されています。

以上が、PCAインド・インフラ株式ファンドの特徴となります。

PCAインド株式オープンとは?

PCAインド株式オープンとはどのような投資ファンドでしょうか?

運用会社であるPCAアセットでは、外国株式に投資を行うファンドを幾つか扱っていますが、「PCAインド株式オープン 」は、その中のひとつで、インド株式を主要投資対象とするファンドに投資を行うファンド・オブ・ファンズです。

中長期的な信託財産の成長を図ることを目的としてファンド・オブ・ファンズ形式で運用を行います。グループ外国投資法人を通じてインド株式市場に投資を行います。

PCAインド株式オープンの特徴としては、全ての投資金をインド株に投資しないということでしょう。

約90%の資金がインド株式を主要投資対象として、モーリシャス籍外国投資法人のアメリカドル建てで運用されます。

残り10%は、PCA国内債券ファンドとして、日本の国債を中心に運用されます。
全ての資金の運用はPCAアセットマネージメントが行います。

PCAインド株式オープンは、名前の通りインド株式への投資が9割となる為にリスクヘッジとしては少々難しい所があるかと思いますが、他の安定運用のファンドを購入しながら、投資バランスを持つようにするのが良いでしょう。

PCAインド株式オープンだけの投資だけですと、どうしてもリスクが高くなってしまうので考える必要があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。