インド株の投資信託について インド株ファンド・投資信託で資産倍増

インドファンドの比較

今、日本でインドファンドは10数個あります。

ここでは、比較をしながら見ていきましょう。

インドファンドの特色として、ファミリーファンド、ファンドオブファンズ方式の二通りありますが、どちらも数は半々で、どちらがいいという比較は難しいです。

比較するまでもなく、為替ヘッジは原則として行わないファンドがほとんどです。

販売手数料の比較ですが、ドイチェ・インド株式ファンドがイー・トレード証券で販売する場合、1.05%と安いです。他は大体3.15%というのが主流です。

申し込み単位は、1万円以上もしくは1万口以上という場合が多く、インドファンドは手軽に始められるということですね。

運用実績の比較は、設定日時の違いから、一概には言えませんが、1年以上の運用の場合、どれも60%以上の運用実績が出ています。

このことは、インドファンドが順調な伸びを示している証拠ではないでしょうか。

数あるインドファンド、申込をする証券会社によっても、差が出てきますので、お申込の際にはよくよくご検討ください。

JFインド株ファンドについて

JFインド株ファンドは、収益性・成長性で総合的に高いと思われる銘柄に投資します。
主に、インドの企業の株式、ADRに投資します。

JFインド株ファンドのベンチマークはMSCIインディア・インデックス(税引き後配当・円ベース)として、これを上回る事を目標として運用を行います。

JFインド株ファンドは、原則として為替ヘッジは行いません。

JFインド株ファンドは、単位型投資信託の形式をとっています。これは、ユニット型投資信託ともいいます。

設定日より前の当初募集期間に購入することができます。購入の際の価格は、申込み口数に応じて、1口または1万口1万円で計算されます。単位型投資信託は、当初募集期間での購入のチャンスを逃してしまうと、それ以降の運用成績が良好であっても、途中購入することはできません。

なお、JFインド株ファンドの販売会社は野村證券ですが、HPを検索してもヒットしませんでした。というのも、購入申込が平成17年1月27日で終了していました。

インド株式投信について

インド株式投信について、ご紹介します。

比較的小額で、インド株式のことを熟知していなくても、すぐに始められるインド株式投信は人気があります。

実際に投信はファンドマネージャーと呼ばれるプロに運用を託せたり、また小口の資金で間接的に有価証券(債券、株式等)に分散投資ができるなど、とても優れた特色を持っています。

今や投信の半分は銀行経由で販売されていますから、多くの銀行での取扱が増えればインド株式投信の資産残高はまだ増えることが期待できそうです。

インド株式投信を買える証券会社はいくつかあるようですが、マネックス証券はミニ株もできます。

インド株投信は発展途上国ということでカントリーリスク、為替リスク等のいろいろなリスクががありますが、余裕資金の中での投資するのも検討する価値は大いにあると思います。

パフォーマンスも良さそうだけどリスクもあるインド株投信ですが、ドルコスト法を利用して、毎月少額の積立形式(自動積立が無い場合は自分で計画を立てて積み立てる)という方法もあります。

日本初のインド株投資信託とは?

高い経済成長を続けるインドの2005年の成長率は8.5%、一人当たりのGDPはちょうど日本の1960年代の位置にいます。

インド株式市場はアジア第4位の時価総額、上場銘柄数は5000を数えます。

残念ながら、日本からインド株投資はできません。そこでお勧めなのがインド株投資信託です。

でここ紹介をするPCAインド株式オープンは、外国投資法人への投資を通じて、インドの証券取引所に上場する株式に投資を行います。

PCAインド株式オープンの運用は、米ドル建て投資証券、日本の証券投資信託の受益証券を主要投資対象とするファンド・オブ・ファンズ形式で行います。

2004年9月の設定でインド株に投資する国内投資信託としては、一番古くて日本初のインド株投資信託がPCAインド株式オープンです。

PCAインド株式オープンの決算日は毎年9月30日になっています。

順調な伸びを見せているPCAインド株式オープンですが、カントリーリスクなどのリスクのことは勘案しておき、余裕資金でのインド株投資信託をお楽しみください。

インド株式投資信託どれにする?どこにする?

インド株式投資信託の購入の際のポイントは、リスクを減らし、チャンスを逃さないためには、基本は時期を分散して購入する事です。

まず、どのくらいの金額で、どのくらいの期間、投資するのかを決めることです。

これが決まっていないと手数料も比較できません。
期間が決められない方は、
ネット経由で購入と解約が出来るインド株式投資信託を選択するのが、ベターです。

次に、どのインド株投資信託を利用するか比較することです。
実績、コスト、情報提供、利便性などから考えます。

利便性がよく、常に購入可能な代表的なインド株投資信託では、
PCAインド株式オープン、HSBCインドオープン、ドイチェ・インド株ファンド等があります。

商品が決まったら、どの販売会社にするかの検討に入ります。

商品そのものは変わらないですが、手数料の違いが出てきます。
「インド株式オンライン」のHPでは、各インド株投資信託の手数料の比較ができます。

同じ商品でも、手数料が安い方が得をした気分になりますよね。
よくよく検討のうえ、購入を考えください。

基準価格、インド投資信託の場合

まず、基準価格とは何でしょうか。

基準価格とは、投資信託1口あたりの時価のことを言います。

投資信託の時価総額は、組み入れている株や債券などの有価証券の価格変動にともなって変化します。

有価証券の価格変化に、利息・配当金などのインカムゲインを加えて資産の時価総額を算出し、そこから運用にかかるコストを差し引いて純資産を計算し、それを1口当たりに換算して求めます。

基準価格は、投資信託の買い付け代金や解約代金を計算する基準になります。

ヤフーファンナンスのHPでは基準価格のチャートの確認が出来ます。
日経新聞や運用会社・投資信託協会のHPなどでも確認できます。

インド投資信託においては、2006年より上昇を続けています。2007年3月に一度下落したもののその後の上昇の仕方は、上り龍といったところでしょう。

地域的な一時的な下落や為替の影響を大きく受けやすいインド投資信託ですから、短いスパンでみてしまうと、基準価格の下落の可能性はないとは言えません。
でも、総じて今のところインド投資信託の上昇率は高いものとなっています。

ただインド投資信託に限らず、投資信託にはリスクも生じます。
インド投資信託商品の基準価格のチャートは常にチェックの必要はあると思います。

インド株投資信託のススメ

インド株を国内で投資をしようというときは、投資信託がお勧めです。

インド株を直接投資できないことと、インド株に関する情報が少ないので、ここは投資信託で運用のブロに任せるというのも一つの手です。

それでもWEB上では、インド株情報を探すことはできますし、書籍でも情報を得ることは可能です。

投資信託を取り扱っている証券会社のHPなどでもWEB上公開している情報はあります。

投資信託を始める場合、チェック点はさまざまありますが、まずは用語。

これは辞典で調べようもなく、専門用語が多いので、申込み前に是非目論見書の用語はマスターできれば、その後の情報投資信託の中味もよく理解できると思います。

インド株と地域を限定するのなら、インドの情報も集められるといいですね。

インド株のことはもちろん、観光地としても魅力的な国ですから、観光の情報も押さえておくと、もっと身近な国になるのではないでしょうか。

インド株式のファンドとは?

インド株式を含むエマージング諸国への投資は、資産保全という目的ではなくリターンを取りにいく場合、非常に有効だと思います。

とくにインドは今後数十年の長期にわたって経済成長が期待できると思います。

インド株式は規制が多いので、どうしてもADRか<投資信託に頼ることになります。

日本でインド株式ファンドが設定されたのを機に、続々と新しいファンドが登場、それに伴い取り扱う金融機関も増えて比較的簡単にファンドを購入することができるようになりました。

インド株式ファンドの場合、マザーファンド方式が多く、年2%ぐらいの信託報酬が一般的です。

インド株式ファンドの中では、手数料は高いですがHSBCインドオープンが有名です。

他にはドイチェ・インドオープン、PCAインド株式オープン、UFJパートナーズ・ドイチェインド株式ファンドなどがあります。

コストが高いというのは難ですが、その分のリターンを期待するなら、インド株式ファンドは今がいいときかもしれまぜん

インド株ファンドはどう?

ブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字をとり、BRICsと呼ばれる地域の株式市場がにぎわっています。

広大な国土面積、未開発な資源、期待される経済成長などを背景にGDPは低いけれど、
これからの発展が充分と期待できる国々として注目されているからです。

インド株についてみてみましょう。

2004年後半から設定が始まったインド株ファンドですが、今までの資金流入は目覚しいものがあります。

インド株が欲しいという方には残念な話ですが、インドで上場された個別銘柄を扱う国内証券会社はありませんから、日本からインドへの投資は、インド株ファンドが主流となっています。

インド株ファンドの良い点として、銘柄選定の必要もなく、プロが運用をしてくれますので、パフォーマンス的には期待ができます。
それに、今なら安価でインド株を取得できるのも魅力です。

インド株ファンドに限らず、エマージング市場全般ですが、注意点としては、高い成長性を見込んで高いリターンを期待しますので、リスクの存在があります。
為替リスクのほかにカントリーリスクもあります。

各証券会社でも、インド株ファンドとして金融商品を販売しています。

手数料などの違いもありますから、じっくりと研究してみるのもいいんではないでしょうか

インドファンドの選び方

数多くのインドファンドが存在しますが、その選び方について少しお話したいと思います。

2004年後半から設定が始まったインド株ファンドへの資金流入は目覚ましいものがあります。しかしインド株ファンドなら何でも良いというわけではありません。中身を見て選ぶことが重要です。

インドファンドの選び方として大切なのは、運用レポートの中で「株式組入れ比率」はちゃんと見ておいた方が良い項目です。

信託財産の構成ということで運用資金が今どうなっているのかをチェックできますが、インド株ファンドといっても100%インド株に投資されているわけではないのです。一部は現金としてリザーブされているのです。この比率が高いとそれだけ運用の効率が悪いことになります。

インドファンドの選び方では、この部分をしっかりと見ておくとファンドのリターンが高い物やそうでないファンドがわかるようになりますので要注意です。

例えば100万円ファンドを保有していても、現金比率が20%あれば実際にインド株に投資されているのは80万円分だけになります。しかも現金部分の20万円にも信託報酬がかかってきます。

解約に備えてファンドの一部は現金にしておく必要があります。
また、設定間もないファンドでは資金流入に買付が追いつかず現金比率が一時的に高くなることがあります。

しかし10%以上の現金比率が恒常的に続くようなファンドは効率性の観点から避けた方が賢明だと思われます。

以上がインドファンドの選び方で注意したいポイントです。
やはり、ファンドを買う前にしっかりと資料を見ておくに限るという事でしょうね。

インドの投資信託をみてみよう

現段階でインド株に投資する方法のひとつに「インドの投資信託」があります。

まだ知識がなくても手軽に始められるのが「インドの投資信託」の最大の利点です。 

投資信託とは、「投資家から集めた資金をひとつにまとめ大きな資金として、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」で、「その運用成果(マイナスのこともあります)が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組み」のことです。

運用成績は市場環境等によって変動します。
運用によって生じた損益は全て受益者に帰属しますので、元本の保証はありません。

インドの投資信託のメリットには「少額からでも手軽に投資できる」「リスク分散させて投資できる」「専門家が運用」ことがあげられます。

しかも、インドの投資信託の多くは償還期日が設けられておらず、強制償還にさえならなければ、いつまでも保有し続けることができます。

インドの投資信託は比較的安定した長期の資産形成に向いている投資手段といえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。