インド株指数について インド株ファンド・投資信託で資産倍増

ムンバイとインド株式市場

インド国内には23の証券取引所があり、主要なものはムンバイ証券取引所(BSE)とナショナル証券取引所(NSE)です。

ムンバイ証券取引所は、1875年にボンベイ(現ムンバイ)に設立されたアジアで最も古い証券取引所です。

インド株式市場全体では、で6000近くの企業が上場しており、これはアメリカに次いで世界第2位の数です。

そのうちムンバイ証券取引所は、上場銘柄数は5000以上、時価総額は約40兆円に上るインド最大の取引所です。

インド株ブームに乗って、外国から資金流入が続いていますが、時価総額で見たインド株式市場規模は東京の10分の1程度です。

先進国の投資資金流入が与える影響はムンバイインド株式市場にとって大きいと言えましょう。

インド株式市場では休日取引というものがあり、土曜、もしくは日曜など休日に特別取引が行われる事があります。通常、午前中のみの取引となります。

当然、異なる証券取引所間でのサヤ寄せがあるため、これらは配慮され、取引所間で連携して行われます。例えば、ナショナル証券取引所のシステムメンテナンスによる特別取引で場が開いたしても、ムンバイ証券取引所も同様に場が開きます。

市場は閑散とした取引になりますが、当然株価は動くため、インド株式相場変動が激しい時などは、注意が必要となります。

インド株式においてのムンバイ

ムンバイはインド随一の商業及び娯楽の中心都市で、インド準備銀行、ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所や、多くのインド企業の本社があります。

インド株式市場においては、現在の正式名称は「ボンベイ証券取引所(Bombay Stock Exchange Limited)」の「ムンバイ証券取引所」ですが、日本の証券会社や新聞等では、「ムンバイ証券取引所」という呼称が定着しております。

インドチャネルのニュースでは、「ムンバイ証券取引所」を訳語に採用しております。

アジアで最も歴史ある証券取引所で東京証券取引所よりも古い1875年に設立されています。2005年8月に株式会社化された際に、従来の名称「ムンバイ証券取引所(The Stock Exchange, Mumbai)」から、現在の「ボンベイ証券取引所(Bombay Stock Exchange Limited)」に変更されました。

上場企業数は5000近くあり、アメリカのナスダックなどよりも多く上場企業数では世界一となっています。また、衛星システムを使った通信が行われるなど、ハイテク化されています。

このことから、インド株式市場の拡大の要因もありそうです。

現在、ナショナル証券取引所にインド株式の出来高などで抜かれていますが、インド株式市場の市況を表現する場合は、慣行的にボンベイ証券取引所のSENSEX指数が用いられています。

名称は変わりましたけれど、これまでどおり、インド株式市場においては、ムンバイ証券取引所で通用すると思います。

SENSEX指数ってなんだろう

インド株式市場における主要な証券取引所はムンバイ証券取引所とナショナル証券取引所です。

2つの証券取引所に上場している会社は7000以上あり、インド株式市場の大きさは日本の規模にも引けをとりません。

インド株式市場を代表する株価指数の一つがSENSEX指数です。

SENSEX指数は別名BSE30とも言いますが、この名称からも類推されるようにBSE(ムンバイ証券取引所)に上場する30の銘柄によって計算されます。

SENSEX指数の計算法は加重平均となっており、取引量、取引額でTOP150銘柄の中から30銘柄を選択します。

インド株式市場のBSEの中で取り引きされている銘柄の中で特に流動性の高い銘柄が選ばれているということになります。

SENSEX指数に占める産業別時価総額の割合ですが、TOP3は金融、IT、石油で、ほぼ横並びの状態です。

2位にITが食い込んできているあたりは、さすがに優れたITエンジニアを大量に生み出している国だけのことはあります。

インド株式市場において、SENSEX指数が使われることが多いです。

インド株式指数はいろいろ

インド株式投資に関わる指数にはさまざまなものがあり、代表的なものはムンバイ証券取引所(BSE)の「センセックス(SENSEX)指数」とナショナル証券取引所(NSE)の「ニフティ(S&P CNX NIFTY)指数」です。

一般にセンセックス指数の方が重要視されているようです。

オンラインの時代にあって、これらのインド株式指数は、ヤフーファイナンスなどのHPでリアルタイムで検索することができます。

その他、BSE100、BSE200、BSEDX、BSE500、S&P CNX DEFTY、CNX NIFTY JUNIOR、S&P CNX 500、CNX MIDCAP 200など、さまざまな指数があります。

普通に日本からインド株式投資をしていく限りは、あまり国内のインド株式指数に過剰に敏感になる必要はないとの見方もありますが、オンラインで見られるとなると、気になります。

インド株式チャートばかりではなく、インドの情報やニュースなど検索できるオンライントレードは今の時代には不可欠な存在です。

投資ブームに火をつけたのもオンラインの普及で、今では店頭販売のよりもネットトレードの方が多いのも周知のことです。

欲しい情報がいち早く手に入る、オンラインを利用しない手はないですね。

SENSEX指数とは?

インド株式の代表的な株価指数はムンバイ証券取引所のSENSEX指数とナショナル証券取引所のNifty指数です。

インド株式SENSEX指数は別名BSE 30とも言いますが、この名称からも類推されるようにBSE(ムンバイ証券取引所)に上場する30の銘柄によって計算されます。

SENSEX指数の計算法は加重平均となっており、取引量、取引額でTOP150銘柄の中から30銘柄を選択します。

その他にも、少なくとも1年間はBSEに上場されていること、過去1年間のBSE全営業日で取引が行われていることがSENSEX指数の条件です。
つまり、BSEの中で取り引きされている銘柄の中で特に流動性の高いインド株式の銘柄がSENSEX指数に選ばれているということになります。

SENSEX指数に占めるインド株式の産業別時価総額の割合のTOP3は金融、IT、石油で、ほぼ横並びの状態です。 2位にITが食い込んできているあたりは、さすがに優れたITエンジニアを大量に生み出している国だけのことはあります。

インド株式の企業別のウェイトを見てみると、1位はITの企業が入っており、ここでもインドにおけるIT産業への期待の高さがわかります。

インド株式の指標について

インド株式指標としては、SENSEX指数があります。

センセックス(SENSEX)指数はインド株式市場の代表的な指標で、浮動株を勘案した時価総額加重平均指数です。

このインド株式指標は構成銘柄は流動性、取引規模、浮動株調整済み取引規模、業種を代表する企業であるか否かなどに基づいて選定した30銘柄で構成されます。

指標には「リライアンス・インダストリー」「インフォシス・テクノロジー」「ICIC 銀行」など化学、農業、石油・ガス、製薬、ソフトウェアとさまざまな業種のインド株式が含まれています。

この指標は、1978〜1979年の時価総額を100として数値は算出されます。

このほかに、インド株式には、NIFTY指数があります。
インド証券取引所で取引される24業種の50銘柄からなる時価総額加重平均指数で、過去6ヶ月の時価総額平均が50億ルピー以上かつ12%以上の浮動株を持つ株式の中から選定されます。

1995年11月3日を1,000として算出され、2005年3月31日時点において当該指数の算出に用いられる50銘柄の時価総額合計は、同取引所の約60%を占めています。

インド株式指標としては、SENSEX指数の方が一般的です。

ムンバイなくしてインド株式は語れない

インド株式を語るには、ムンバイの存在を抜かしては語れません。

インド最大都市のムンバイは、国際貿易港であり、金融としでもあります。インド貿易量の半分を占め。人口1500万人の世界最大都市の一つです。

インド株式の主要な市場はムンバイ証券取引所とナショナル証券取引所、どちらもムンバイにあります。

全世界から集まる投資金で最高の活況を迎えているムンバイは、世界的な金融ハブに向けて野心に満ちた計画を立てています。

シン首相は2021年までに31のプロジェクトに130億ドルを投資し、新空港建設と道路網改善など不足したインフラを大々的に拡充するという現代化計画を発表しました。

インド株式は日本では個人投資家は買うことができません。ADRや投資信託を通じてのインド株式の投資になりますが、今後のインド株式は注目すべき要素がたくさんあります。

ハイリターンを期待するのはもちろんですが、ハイリスクがあることを念頭に投資には慎重に。

インド株式指数について

インド株式指数には様々なものがあります。
BSE SENSEX、BSE100、BSE200、BSEDX、BSE500、S&P CNX NIFTY、S&P CNX DEFTY、CNX NIFTY JUNIOR、S&P CNX 500、CNX MIDCAP 200等です。

その中で重要なインド株式指数は、ムンバイ証券取引所(BSE)のSENSEX指数とナショナル証券(NSE)のnifty指数です。

SENSEX指数は、時価総額加重平均指数です。構成銘柄は流動性、取引規模、浮動株調整済み取引規模、業種を代表する企業であるか否かなどに基づき選定した30銘柄で構成されています。

このインド株式指数には、農業やIT産業などの銘柄が登録されており、日本で言う日経平均株価指数のようです。

NIFTY指数も時価総額加重平均指数ですが、ナショナル証券取引所における時価総額および流動性を基に選定した50銘柄で構成されています。

2つのインド株式指数はYAHOO INDIA FINANCEで調べることができます。

それ以外のインド株式指数については、各証券取引所のサイトで検索できます。

インド株式市況について

インド株式市場は、世界的にも上昇基調をたどっており、高成長の期待のできる市場です。

インド株式を含むエマージング市場の市況はこのところ経済成長に支えられ、高く推移しています。

しかし、短期的には高い値圏内にあることから、米国株式市況も原油市況の外部環境の動向に左右される傾向にあります。

又、インド国内の経済指標の好不調により乱高下する展開も頭に入れておきましょう。

それだけインド株式市況は、周りの環境によって大きく変わる市場です。

ですから、一時的なインド株式市況の下落があったとしても、今までの上昇率から考えも利益確定売りが出たとも考えられますが。

インド政府で行われた金融引き締め策は経済成長を持続的なものにするために必要な措置と捉えられ、中長期的には高成長は持続するものだと思います。

ネットでも、今現在のインドの経済市況を見ることができます。

今後ともインド株式市況の推移については、注視していくことが重要です。

マハラジャとは?

CAりそなインドファンド」は、りそな銀行で取扱中のファンドの1つ、海外株式型ファンド(世界各国の株式市場で取引されている株式に投資するファンド)です。

CAりそなインドファンドは、主にインドの株式に投資するファンド・オブ・ファンズであり、運用方針はインドの株式(ADR(米国預託証書)及びGDR(グローバル預託証書)を含む)に投資するルクセンブルグ籍の「CA Funds インドファンド」のI4クラス(米ドル建)とフランス籍の「円建マネー サブファンド」(円建)に投資し、組入比率は90%以上とすることを基本としています。

また、CAりそなインドファンドは原則として為替ヘッジは行いません。運用にあたっては、クレディ・アグリコル アセットマネジメント・ホンコンの投資助言を受けています。

中長期的にリターンを追求したい方に向いているのが、このCAりそなインドファンドと言えるでしょう。

このCAりそなインドファンドの愛称は「マハラジャ」。りそな銀行のファンドには愛称が付けられていることが多いです。

ちなみに韓国ファンドは「韓流」、東欧ファンドは「琥珀」。
おもしろいですね。いったい誰が考えているんでしょう?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。