インド株の購入方法は? インド株ファンド・投資信託で資産倍増

インド株購入方法あれこれ

インド株を個人が購入する方法として、大きく分けてeワラント、ADR、インド株投資信託(ファンド)の3種類があります。

インド株eワラントはゴールドマン・サックス証券が組成する債権で、インド株価指数を対象として、インド株購入が実現します。

ハイリスクハイリターン商品と言われますが、損失は購入価格に限定されます。
1万円から投資が可能で、短期間に少ない元手で大きなリターンを狙うならこの商品ですが、受取額がゼロになる危険性も理解しておかねばなりません。

次にADRは企業へのインド株個別投資に近く、企業の成長性に期待して地道に長期保有する性格の商品です。
アメリカでインド株購入という形です。
日本からですと、取扱証券会社が少ないことと手間がかかるということがネックになります。

最後にインド株投資信託(ファンド)は、1万円という少額から投資が可能で、積み立て購入もできます。
インド株購入としては一般的です。

分散投資されるのでリスクは低く、また多くのインド株ファンドは償還期限が定められていないので、持ち続けていられる可能性もあります。したがって長期にわたる資産の形成に適している商品といえるでしょう。

インド株購入に際しては、購入金額の他に取引にかかるコストを計算に入れておかなければなりません。

eワラントやADRは現金化しやすいですが、投資信託(ファンド)は解約に制限がある場合が多いので、これも事前にしっかり確認しておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。