CAりそなインド株ファンド インド株ファンド・投資信託で資産倍増

インドファンド「マハラジャ」とは?

マハラジャといえば、インドインドといえばIT。ITといえば高成長。高成長といえばインド株式市場。

少し無理やりですが、CAりそなインドファンド(マハラジャ)の紹介です。

インドファンドが次々に発売される中で、マハラジャは2006年1月30日に設定されたインドファンドです。

マハラジャはファンド・オブ・ファンズの形式をとっており、投資先ファンドはCAAM FUNDSインドファンドです。

組入れ比率は、金融、資本財・サービス、情報技術の順です。

インドファンドといえば、ITかと思いましたが、そうではないのですね。やはり金融関係がしっかりと上位にいました。

CAりそなインドファンド(マハラジャ)の信託報酬率は1.26%以内、申込手数料率は3.15%以内となっています。

販売会社は、りそな銀行となっています。

CAりそなインドファンド(マハラジャ)とは?

CAりそなインドファンド、愛称マハラジャの紹介です。

CAりそなインドファンド・マハラジャは2006年の設定で、インド株としては比較的新しい設定日になっていますが、純資産総額は634億円に達しています。

CAりそなインドファンドは、インドの株式に投資をしますが、この中にはADRとGDRも含まれております。

ファンド・オブ・ファンズなので、実際の運用はルクセンブルグ籍とフランス籍の米ドル建てと円建てのファンドに投資する形になります。

マハラジャはクレディ・アグリコル(CA)アセットマネジメント・ホンコンより投資助言を受けます。

これから、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか大いに期待のできるCAりそなインドファンドですが、マハラジャというのが覚えやすいのではないかと思います。

CAりそなインドファンド・マハラジャを投資計画にいれてはいかがですか?

りそなインドファンドをみよう

インドのマハラジャの紹介です。

といっても、あのマハラジャではなく、りそなインドファンドのことです。

りそなインドファンドの運用会社は、クレディ・アガリコルアセットマネジメント社が行いますが、運用にあたっては、クレディ・アグリコル アセットマネジメント・ホンコンの投資助言を受けます。

りそなインドファンドの特徴として、インドの株式(ADR及びGDRを含む)に投資するルクセンブルグ籍の「CA Funds インドファンド」のI4クラス(米ドル建)とフランス籍の「円建マネー サブファンド」(円建)に投資し、組入比率は90%以上とすることを基本とします。

りそなインドファンドの信託報酬は純資産総額年率1.26%以内となっています。

株式市場の下落からファンドの基準価格も大きく急落する場合があり、りそなインドファンドも基準価格が1万円を割り込む日もあります。

このことをチャンスとみるか?これからまだまだ期待大のインド株相場です。

CAりそなインドファンドとは?

CAりそなインドファンド」は、りそな銀行で取扱中のファンドの1つ、海外株式型ファンド(世界各国の株式市場で取引されている株式に投資するファンド)です。

CAりそなインドファンドは、主にインドの株式に投資するファンド・オブ・ファンズであり、運用方針はインドの株式(ADR(米国預託証書)及びGDR(グローバル預託証書)を含む)に投資するルクセンブルグ籍の「CA Funds インドファンド」のI4クラス(米ドル建)とフランス籍の「円建マネー サブファンド」(円建)に投資し、組入比率は90%以上とすることを基本としています。

また、CAりそなインドファンドは原則として為替ヘッジは行いません。運用にあたっては、クレディ・アグリコル アセットマネジメント・ホンコンの投資助言を受けています。

中長期的にリターンを追求したい方に向いているのが、このCAりそなインドファンドと言えるでしょう。

このCAりそなインドファンドの愛称は「マハラジャ」。りそな銀行のファンドには愛称が付けられていることが多いです。

ちなみに韓国ファンドは「韓流」、東欧ファンドは「琥珀」。
おもしろいですね。いったい誰が考えているんでしょう?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。