ドイチェインド株式ファンド インド株ファンド・投資信託で資産倍増

ドイチェのインド株式をみてみよう

日本ではインド株を直接買い付けることができず、インド株投資をするなら、投資信託がお勧めです。

投資信託を選ぶ場合、気になるのが運用です。

ドイチェ・インド株式ファンドの運用担当のドイチェ・アセット・マネジメント・グループは、ドイツ銀行グループの一員として、世界30都市以上に拠点を設け、グローバルに資産運用サービスを展開しています。

2002年にインド・ムンバイに現地法人を設立し、グローバルに展開する資産運用会社のなかで、インドに現地法人と運用担当者を配置する数少ない企業の一つに数えられています。

ドイチェ・インド株式ファンドは、運用会社がインド株式、ワラント、CB、DRなどに投資をします。

ドイチェ・インド株式ファンドの運用経過を知るためには三菱UFJ投信のお客様専用フリーダイヤルやWEB上でもチャートの確認をすることが出来ますし、毎決算後に「運用報告書」が送られてきます。
また、原則として、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。

ドイチェ・インド株式ファンドの申込手数料は、申込価格×3.15%です。
そのほか、税金などもかかりますが、税率など販売会社へ問い合わせてください。

ドイチェ・インド株式ファンドの分配方針は信託財産から生ずる利益は信託終了時まで留保し、分配は行いません。

ドイチェ・インド株式ファンドを知ろう

三菱UFJ投資信託のドイチェ・インド株式ファンドを見てみましょう。

インドのIT産業はソフトウェア開発業者を中心に急成長をしています。
年齢別人口構成は、若年層が国を支えるピラミッド型。今後の成長が期待されています。

ドイチェ・インド株式ファンドの投資先は、主としてインドの証券取引所に上場している株式、ワラント、CB、DR等で、中長期的な信託財産の成長を目指して運用を行っています。

実質的なインド株式への投資としては、円建外国投資信託への投資を通じて行います。

ドイチェ・インド株式ファンドは原則として為替ヘッジは行いません。

ドイチェ・インド株式ファンドにかかる費用と税金については、申込時の手数料(申込み価額×3.15%)、収益分配時の税金(普通分配金×10〜20%)、換金(解約)時の信託財産留保額、税金などがかかります。

ドイチェ・インド株式ファンドの販売証券会社はカブドットコム証券と三菱UFJ証券です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。