新光ピュアインド株式ファンド インド株ファンド・投資信託で資産倍増

新光ピュアインド株ファンドについて

新光ピュアインド株式ファンドは、新光投信の設定で2006年5月31日に設定されました。

新光ピュアインド株式ファンドの信託期限は10年間で、追加型証券投資信託です。

ファンド・オブ・ファンズで実質的にはインド株投資のものですが、運用会社がインド国内でも有数の財閥TATAグループの投資信託会社が担当しています。

インド株投資ファンドの中でもインドに拠点をおく運用会社の運用とあって、より詳細なインド株式投資の情報が得られていると思います。

新光ピュアインド株式ファンドは新光投信の中で唯一インド株式投資商品です。

近年高い経済成長を維持しているインドですから、これからのインド株投資には期待のもてるものだと思います。

ただし、新光ピュアインド株式ファンドに限らず、投資信託は元本保証はなく、カントリーリスクのことは頭にいれておかなくてはいけません。

新光ピュアインド株式ファンドの販売会社は証券会社と銀行があります。

新光ピュアインド株式ファンドってどんなだ?

新光ピュアインド株式ファンドをご紹介します。

新光投信による設定の新光ピュアインド株式ファンドですが、運用する会社がインドの有数の財閥企業であるTATAグループの投資信託会社(TATAアセットマネジメントリミテッド)が担当します。

この会社が、外国籍の投資証券と短期公社債マザーファンド受益証券に投資をし、中長期的な投資信託財産の成長を目指すファンド・オブ・ファンズの形式をとります。

結局は、新光ピュアインド株式ファンドはインド株式と国内の短期公社債に投資をするというものです。

新光ピュアインド株式ファンドは株価が上昇基調にあるインド株に目をつけました。

申込の際に、コースが2つあり、収益の分配時に分配金を受け取る「分配金受取りコース」と分配金が税引き後無手数料で再投資ができる「分配金再投資コース」です。

新光ピュアインド株式ファンドの申込時に1000万口以上の場合、申込手数料が販売会社によって違いが出ます。

新光ピュアインド株式ファンドとは?

新光ピュアインド株式ファンドは、インド有数の財閥であるTATAグループの投資信託会社が運用する外国籍(モーリシャス籍外国投資法人)の投資信託証券を通じて、実質的にはインド株式に投資を行います。

新光ピュアインド株式ファンドの受益証券を通じて投資をする株式の実質組入れ上位企業は、銀行、産業資本財、IT企業などです。2007年8月現在の組入れ企業数は46銘柄となっています。

新光ピュアインド株式ファンドの参考指数はSENSEX指数を使っています。

新光ピュアインド株式ファンドの申込単位は、コースによって異なりますので、申込の際に確認してください。

申込み手数料は基準価額に3.15%を上限とします。

新光ピュアインド株式ファンドの分配方針としましては、利子・配当等収益と売買益等の全額から、基準価額水準や市場動向等を勘案して分配します。

決算日は8月22日です。

新光ピュア・インド株式ファンドって何?

インド有数の財閥TATAグループの投資信託会社が運用をする新光ピュア・インド株式ファンドを紹介します。

新光ピュア・インド株式ファンドは、外国籍の投資信託証券を通じて、実質的にはインド株式に投資をします。

新光ピュア・インド株式ファンドは、外国籍の投資信託証券への投資にあたっては、TATAアセットマネジメントリミテッド及びTATAアセットマネジメント(モーリシャス)プライベートリミテッドから投資助言及び情報提供を受けます。

新光ピュア・インド株式ファンドは、原則として為替ヘッジは行いません。

新光ピュア・インド株式ファンドの運用をするTATAグループは1868年に創設されたインド有数の財閥で、利潤追求だけではなく、研究所や病院設立などインド社会に対する貢献度は大きいです。

また、グループのシンクタンクから産業動向などについての情報提供をしており、インド国内に幅広く事業展開しているグループ企業からの業界動向に関する情報も活用しながら、企業調査を行っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。