HSBCインド株ファンド インド株ファンド・投資信託で資産倍増

HSBCインド株式ファンドって何?

HSBCインド株式ファンドは、ファミリーファンド形式での運用です。

主に、インド共和国の証券取引所(ボンベイ証券取引所(BSE)、インドナショナル証券取引所)に上場している株式等に投資します。

HSBCインド株式ファンドは、年4回(原則として、3月、6月、9月、12月の各10日)に決算を行い、分配方針に従って分配を行います。
分配金額は委託会社が基準価額の水準・市況動向等を考案して決定しますが、分配を行わないこともありますので、ご注意ください。

HSBCインド株式ファンドは、取扱コースが

一般コース…収益の分配時に分配金を受け取る。
自動けいぞく投資コース…分配金が税引き後無手数料で再投資されるコース

に分かれています。

HSBCインド株式ファンドの申込手数料率が販売会社、申し込み金額により違いが出てきます。申込の際にはご確認ください。

HSBCインド株式ファンドを含め、インド株の上昇は続いています。まだまだ期待ができますね。

HSBCインド株とは?

1996年からインド株の運用を開始したHSBC投信は、現在世界最大規模を誇るインド株式ファンドの運用会社でもあります。

HSBC投信のHSBCインドオープンは、マザーファンド受益証券への投資を通じて、主にインド共和国の証券取引所に上場しているインド株に投資することにより、投資信託財産の中長期的な成長を図ることを目標として運用を行います。

HSBCアセット・マネジメント香港社にマザーファンドの運用指図に関する権限を委託します。

HSBCアセット・マネジメント香港社は、HSBCアセット・マネジメント・インディア・プライベート・リミテッドよりインド株運用についての投資助言を受けます。

外貨建資産については、原則為替ヘッジは行いません。

HSBCインドオープンを扱っている証券会社は数も多く、他のインド株ファンドと比較しても人気商品となっています。
手数料については、各証券会社で差があるので、直接お問い合わせください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。