日興インドアドバンテージファンド インド株ファンド・投資信託で資産倍増

インド・アドバンテージ・ファンド・クラスBとは?

インド・アドバンテージ・ファンド・クラスB受益証券のクラスB受益証券というのは、買付け時の手数料負担を大きく軽減しました。

同一クラスの他のサブ・ファンドに無手数料でスイッチングができます

手数料はなく、年間の資産運用報酬率は1.95%となっています。換金手数料は7年目になると無料になり、長期保有を考えている方にはいい料金体系です。

インド・アドバンテージ・ファンド・クラスBの運用は、インド株運用に充実した体制を有しているフィデリティです。
グローバルなネットワークを活かし、世界的視野に立った情報収集と分析がフィデリティの強みです。

強力な運用体制にバックアップされ、インド・アドバンテージ・ファンド・クラスBは2005年1月31日設定で償還期日は無期限となっています。

運用実績は過去一年間で倍近くの暴落率をたたき出しています。

インド・アドバンテージ・ファンド・クラスBのうなぎのぼりの上昇を見ていては、財布の紐も緩みがちになりますが、申込の際には、販売会社と手数料の確認と、リスクの知識を再認識しての投資をお楽しみください。

それにしても…インド・アドバンテージ・ファンド・クラスBの数字はすごいと思いました。

インド・アドバンテージ・ファンドbについて

インド・アドバンテージ・ファンドbですが、最後に付いているbというのには意味があります。

クラスB受益証券といって、手数料の支払い方法が通常の投資信託と異なります。
長期投資を目指す方向きのこの方法は、申込時の手数料がなく、毎年販売報酬といった形で0.5%程度払います。ある程度の保有期間が過ぎると、販売報酬も払わなくてもよくなります。

ただ、インド・アドバンテージ・ファンドbは、申込単位が50万口。50万円以上の資金が必要となります。
ですから、ご自分の運用プランと照らし合わせての投資が必要となります。

投資期間が無期限になっているインド・アドバンテージ・ファンドbですから、じっくりとご検討ください。

インドの証券取引所に上場されている株式、活動がインド国内で行われている会社への投資ですが、ファンズ・オブ・ファンドなので、マザーファンドと同一の投資目的を追求します。

インド・アドバンテージ・ファンドbのマザーファンドはフィデリティファンズ-インディアフォーカスファンドです。

インド・アドバンテージ・ファンドbを日興コーディアル証券でファンドを保有した場合、 口座管理料として3150円/年がかかります。ご注意を。

日興インド・アドバンテージ・ファンドは面白い

インドの高い成長性に注目し、主にインド企業の株式に投資を行うのが、日興インド・アドバンテージ・ファンドです。

世界最大の独立系投資信託運用グループであるフィデリティが運用します。

この日興インド・アドバンテージ・ファンドの最大の特徴として、購入時の手数料が無料で、保有年数に応じた解約手数料を支払う方式となっています。1年未満の解約では4%を手数料として支払いますが、7年以上保有すれば解約時の手数料は無料になります。インドのさらなる発展を祈りつつ、じっくり付き合っていくつもりなら、手数料の安さは他にはないうれしいメリットです。

ただし、日興コーディアル証券でファンドを保有した場合、口座管理料として3,150円/年がかかります。

一方、日興インド・アドバンテージ・ファンドのデメリットとして、申込が50万口以上ということで、お手軽に始めましょうという金額では手が出ません。

しかし、かなりいい感じの動きをしている日興インド・アドバンテージ・ファンドですから、魅力的ではあります。

リスクのある商品ですけれど、資金余裕のある方、日興インド・アドバンテージ・ファンド、頭の中にインプットしてみてはいかがですか?

インド・アドバンテージ・ファンドについて

日興コーディアル証券から発売されていますインド・アドバンテージ・ファンドについて見てみましょう。

実態的な経済規模では、米国、中国、日本に次いで世界第4位のインド。その高い経済成長性に着目し、インド企業を主要投資対象としているのが、インド・アドバンテージ・ファンドです。

インドは1990年以降の規制緩和、市場改革により企業の競争力が向上、株式市場も成長しています。又、世界的に競争力を有する企業がけん引役となり、輸出も増大しています。

インド・アドバンテージ・ファンドは、インド株運用に充実した体制を有し、徹底した企業調査に基づくボトム・アップ・アプローチに定評があるフィデリティが運用します。

クラスB受益証券を導入したことにより、インド・アドバンテージ・ファンドを買い付け時の手数料負担を大きく軽減でき、長期保有に適した手数料体系になっています。

また、同一クラスの他のサブ・ファンドに無手数料でスイッチングが可能です。

インド・アドバンテージ・ファンドのポートフォリオ構築にあたっては、分散投資を基本としてリスク分散を図ります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。