新生インドファンド インド株ファンド・投資信託で資産倍増

インドファンドは新生銀行で

新生銀行の新生UTIインドファンドの設定は2006年12月27日で、信託期限は無期限となっています。

インド国内でも有数の運用会社であるUTIグループはこの新生銀行インドファンドの主な投資先に運用助言を行います。

株式市場は世界的な株価の動きに大きく左右されます。為替相場についても、なかなか予想の付けにくい展開になっています。
そんな中、新生銀行インドファンドは、資金流入が続き、上昇しています。

投資先ファンドの運用において、サービス、情報などの組入れを高めています。

インド企業の第1四半期の企業決算は総じて数字がよく、インド企業の成長は複数の業種にと相乗効果を生んでいると思われます。

新生銀行インドファンドのリターンも中長期的にみると、しっかりと獲得できると見ています。

まだ一年に満たない新生銀行の新生UTIインドファンドですから、今後に大いに期待のできるインドファンドの一つだと考えられます。

新生UTIインドファンドを知ろう

新生インベストメント・マネジメントが2006年12月27日に設定した新生UTIインドファンドを紹介します。

半年たった時点での暴落率は13.05%で、既に設定されている他のインド株ファンドに比べ少ないようですが、日本の銀行に同じだけの金額を預けていたと考えれば、いい数字ではないでしょうか。

新生UTIインドファンドの信託期間は無期限ですので、これからまだまだインドの高成長の恩恵を受けるチャンスはあります。

新生UTIインドファンドの運用はUTIグループ(インド国内最大級の投資会社)です。

申込単位、手数料に関しては、各証券会社によって違いがあります。お申込の際にご確認ください。

新生UTIインドファンドは、2つのコースに分かれていて、「分配金受取コース」と「分配金再投資コース」があります。

新生UTIインドファンドの信託報酬ですが、年率1.197%となっています。その他にも負担があるようです。

新生UTIインドファンドについて

新生UTIインドファンドについて、主としてインドの証券取引所に上場している株式を実質的な投資対象とし、中長期的な信託財産の成長を目指します。

新生UTIインドファンドは、主にインド株式へ投資を行う「Shinsei UTI India Fund (Mauritius) Limited」のClass A投資証券への投資割合を高位に保つことを目指します。

運用を担当するUTIアセットマネジメントは、2003年に民営化され、設立以来40年以上の歴史を持つインドでも長い運用経験の長い会社です。

投資先ファンドの組入状況の上位は、通信、情報サービスが占めています。

新生UTIインドファンドの参考指標はムンバイ100種指数を利用します。

新生UTIインドファンドの信託報酬が、1.197%となっていて、この数値は比較的安い方です。

新生UTIインドファンドの申込手数料は3.15%となっています。

インド株式投資、3つの選択

インド株式投資を考えるとき、日本からは個人的な投資はできません。
3つの選択肢を選ぶことになります。

1 インド株式ファンド

2004年9月以来、日本で初めてインド株式ファンドが設定されました。
これを機に、新しいファンドが登場、今では10本以上のファンドがあります。

インド株式ファンドの魅力は、少額の投資ができること。
インド株式の情報が充分とはいえない日本において、インド企業への投資のプロにお任せという部分で難しく考えなく、お手軽に始められます。

インド株式ファンドの種類と証券会社の選択に当たっては、充分なご検討を。

2 ADRによる買い付け

現在ADRでインド株式を取り扱っている国内オンライン証券会社は楽天証券のみです。
楽天証券で買えるインド株式ADRは10銘柄となっています。

留意点として、米ドル建て資産ですから、為替リスクがあります。
少し割高になるため、短期売買には不向きです。

3 インド株eワラント

インド株eワラント(ゴールドマンサックス)への投資があります。
短、中期的にリスクヘッジを考えたいという方には、インド株eワラントのプット型を購入し、ヘッジツールとして利用する事もできます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。